ノベルティに最適なオリジナルグッズ制作

企業のオリジナルグッズ制作では、ユニフォームやノベルティ、販促品などがあります。ノベルティは広告宣伝や顧客の満足度を高めるためのもので、企業の製品を身近に感じてもらう効果などを狙ったものです。
商品の購入やアンケートのお礼、オープンなどの記念品として無料配布されることが多いです。



販促品は、販売促進が目的で売り上げに繋がる効果を狙ったもので、新製品発表のときに配布されたりします。ノベルティなどのオリジナルグッズ制作のアイテムには、様々なものがあります。

商品券情報を厳選して紹介しています。

その一つにオリジナルTシャツがありますが、イベントなどを盛り上げるなどに作られる定番の品です。

一時的な利用以外にも、日頃から着用すると配布したときに名入れした情報が、長い時間多くの人に知られることになります。


そのため広告宣伝や販促効果は高いです。



社員がユニフォームと着ることで、団結力などを上げる効果なども期待出来ます。


ただ、Tシャツだと受け取ってもらっても、そのまま開けないでしまったままになることもありますので、デザインなど着やすいものにするなど工夫が必要です。

オリジナルグッズ制作での費用は、1枚約550円からが相場となっていて、これは発注枚数やプリント内容によって違ってきます。



他にも、ボールペンやクリアファイル、ステッカー、カレンダーなどがよく企業のノベルティでは製作されています。
目的によって制作する商品も異なってくるので、どの商品をオリジナルとして制作するのかを相談しておくことが大切です。

企業や個人でオリジナルグッズ制作をするときには、注文を依頼する業者選びが重用になります。


基本的に費用が安く、納期が早めで、印刷技術が高いところがよい業者です。

例えば、手数料がかからずに少ないロット数でも発注が可能なところだと無駄なコストを削減出来ます。

今すぐ使える和傘情報の公開中です。

小ロットに対応している業者はそれほど多くはなく、受け付けていても手数料がかかります。

https://tmall.tsite.jp/B_3.php?SHOP_ID=10906&scid=topnew_img

納期に関しても、在庫が常にある業者なら素早い納品でも対応出来ます。

そして、商品の仕上がりに最も影響するのが印刷です。
オリジナルグッズ制作では、業者によって印刷技術が違ってきます。

http://oshiete.goo.ne.jp/qa/1239815.html

選ぶときに、運営会社が印刷屋だと印刷技術も高いのでお勧めです。

また、オリジナルグッズ制作可能なアイテムの種類が多いところだと、目的にあったグッズを見つけやすくなります。


対応しているジャンルが幅広く、常に新しい商品が追加されている業者なら、まだグッズのイメージが固まっていなくてもアイテムを見ることで浮かんでくることもあります。

また、業者と相談して最も適したアイテムの提案をしてもらう場合でも、多い方がそれだけアイデアが浮かびます。


業者を選ぶときには、予算や季節別、イベントなどに合わせて最も適したところを選択することが大切です。


それぞれ得意とする分野が違ったり、納品や費用などが安いなどのメリットがあったりします。
発注する前には、必ず見積書を取るようにしましょう。

https://4meee.com/articles/tag/4/page:18

制作費以外に必要な手数料なども、見積もりを取ることでわかるので予算にあわせて発注を見直すことが出来ます。


関連リンク